/

この記事は会員限定です

<東証>三菱マが軟調 赤字幅が拡大 宇部興との事業統合は評価も

[有料会員限定]

(13時25分、コード5711)三菱マが軟調に推移している。後場に下げ幅を広げ前日比62円(2.9%)安の2090円まで売られ、8月7日以来の安値を付けた。29日の取引終了後、2021年3月期の連結最終損益は200億円の赤字(前期は728億円の赤字)になる見通しだと発表した。従来予想(100億円の赤字)から赤字幅が拡大しており、嫌気した売りが優勢になった。赤字額は市場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り177文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン