官房長官、緊急事態宣言「ぎりぎり持ちこたえている」

2020/3/30 12:05
保存
共有
印刷
その他

菅義偉官房長官は30日午前の記者会見で、新型コロナウイルスの新規感染者数が東京都内で最多を更新している状況などに関して「現在は緊急事態宣言との関係ではぎりぎり持ちこたえているという状況にある」との認識を示した。

感染者の急速な増加を背景に都のロックダウン(都市封鎖)への警戒感が高まっていることに関しては、欧米での外出禁止や店舗封鎖などの措置に触れ「現在国民の皆様には大変ご不便をおかけしているが、一層厳しいこのような強硬措置を回避するためのものであることを是非ご理解いただきたい」と呼びかけた。

タレントの志村けんさんの死去に関しては「大変残念に思う。心よりご冥福お祈り申し上げる」と述べた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]