/

味の素、AGFの100%子会社化が完了 インスタントコーヒーなどてこ入れ

味の素(2802)は23日付で米モンデリーズ・インターナショナルとの合弁会社であったコーヒー大手、味の素ゼネラルフーヅ(AGF、東京・新宿)の完全子会社化を完了した。30日に金融庁へ提出した臨時報告書で明らかになった。

味の素はモンデリーズが保有するAGF株を引き取り、出資比率を50%から100%に引き上げた。同時に5%分の株式を味の素のタイの現地子会社に売却している。AGFの主力事業である即席(インスタント)コーヒーで、味の素の技術ノウハウなどを導入し、低迷する同事業のてこ入れを図る。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン