10/22 12:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: ダウ最高値圏で足踏み、「不況サイン」の憂鬱(NY特急便)[有料会員限定]
  2. 2位: 中古iPhone7、ドコモ端末下げ渋り SIMロック解除評価[有料会員限定]
  3. 3位: 上場企業社員の平均年収692万円、18年度 年率で1%増[有料会員限定]
  4. 4位: あなたの業種の平均年収は? 2018年度年収ランキング
  5. 5位: 投資家注目のオンコリス、風邪ウイルスで抗がん剤[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,548.90 +56.22
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
22,570 +110

[PR]

主要金融ニュース

フォローする

サマーズ氏、日銀の新たな枠組み「2%への適切な一歩」

2016/9/30 11:33
保存
共有
印刷
その他

米国の元財務長官で著名エコノミストでもあるローレンス・サマーズ米ハーバード大教授は30日、日銀とカナダ銀が共催で開いた会合で、日銀が導入した長短金利を政策運営の目標にする金融政策の新たな枠組みについて「(物価)2%に近づくための明瞭なシグナルだ。適切な一歩だと思う」と評価した。記者団との質疑で表明した。長期金利の低位安定を目指すことについて、民間の投資や個人消費を刺激するだけでなく政府部門の利払い費の削減にもつながるとして、民間、政府両方の部門に効果が大きいとの認識を示した。

質疑に先立つ講演では、先進国経済について景気を過熱も冷やしもしない金利水準である「中立金利」が低下し続けていると指摘した。特にリーマン・ショック後に経済成長率や金利が低下しているとした。解決には金融政策だけでなく、財政政策も使って需要を喚起する必要があるとの考えを示した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

主要金融ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム