/

この記事は会員限定です

中国で広がる豚コレラ、需給逼迫で関連株上昇続くか 個人消費には重荷

[有料会員限定]

【NQN香港=安部健太郎】中国でアフリカ豚コレラ(ASF)の感染が拡大している。5月中旬には香港の食肉処理場でも感染が見つかり、一時は豚肉供給が滞る事態となった。中国全土では今年後半には豚肉価格が最大7割上昇するとの予測も出ている。米中貿易摩擦の影響で米国などからの輸入では補いきれないとみられ、豚肉関連銘柄の株価押し上げ要因となっている。

中国で感染が広がり始めたのは昨夏から。今年4月には海南省、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1492文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン