/

この記事は会員限定です

銀行借り入れよりもお得? 社債市場で増える「低金利案件」の裏側

[有料会員限定]

「こんなに利率が低くなるなんて」。そううれしそうに話すのは最近、社債発行に踏み切ったある大手企業の財務担当者だ。この企業が「初物」「久しぶり」など希少性だけで特例だったのか――。どうもそうではないらしい。「銀行からの借り入れよりもお得だったのでは」と指摘される案件はここに限らないのだ。より低い金利で借りられる方法として、いま改めて社債発行を選択肢に入れる企業が増えているようにみえる。

社債は銀行...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1482文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン