/

<米国・時間外>人事ソフトのワークデイ急伸 市場予想上回る増収受け

【NQNニューヨーク=戸部実華】(コード@WDAY/U)29日夕の米株式市場の時間外取引で、クラウド上での財務・人事管理ソフトを手掛けるワークデイが急伸した。通常取引を前日比0.4%安の145.30ドルで終えた後、一時はそれを約10%上回る160ドル台まで買いが進んだ。29日夕に発表した2018年8~10月期決算で売上高や特別項目を除く1株利益が市場予想を上回り、好感した買いを集めた。

売上高は前年同期比34%増の7億4318万ドルとQUICK・ファクトセットがまとめた市場予想(7億2310万ドル程度)以上に伸びた。加入者向けサービスの収入が35%増と大幅に増え、プロジェクトの提案から請求までを一手に担うプロフェッショナルサービスの収入も29%増と堅調だった。

最終損益は1億5333万ドルの赤字と前年同期(8554万ドルの赤字)から赤字幅が大きく拡大した。一般管理費やマーケティング費、製品開発費などが膨らんだ。ただ特別項目を除く1株あたりの損益は0.31ドルの黒字となり、市場予想(0.14ドル)を大幅に上回った。

このほか、セキュリティー対策ソフト開発のパロアルトネットワークス(@PANW/U)が買われている。29日夕に発表した18年8~10月期決算は売上高や特別項目を除く1株利益が市場予想を上回り、あわせて示した18年11月~19年1月期見通しも強気と受け止められた。

パソコン(PC)・プリンターのHP(@HPQ/U)は強含んでいる。29日夕に発表した18年8~10月期決算は売上高が市場予想を上回った。一方、特別項目を除く1株利益は市場予想と一致した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン