/

この記事は会員限定です

NY株ハイライト 株高で加速する半導体業界のM&A マーベルも買収発表

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=古江敦子】29日の米株式市場でダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに反発し、前日比139ドル高の2万6659ドルで終えた。連日の下落で押し目買いが入る一方、新型コロナウイルス感染の再拡大への懸念から反発力は鈍かった。そんななか、市場関係者は半導体業界で再編の動きが加速していることに関心を寄せる。この日も半導体のマーベル・テクノロジー・グループによる100億ドル規模のM&A(合併・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1135文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン