/

ルネサス、米同業マキシムと買収交渉か 2.2兆円 米報道

【NQNニューヨーク=古江敦子】半導体大手ルネサスエレクトロニクスは、米同業のマキシム・インテグレーテッド・プロダクツを買収する方向で交渉に入ったようだ。買収額は200億ドル(約2兆2000億円)近くになる見通し。米東部時間29日午後、米CNBCテレビが報じた。自動運転の普及で半導体需要の拡大が見込まれるなか、買収で事業基盤を拡充する狙いとみられる。

買収額はルネサスの時価総額(29日終値で2兆1473億円)を上回る。マキシムの時価総額は29日時点で187億ドル程度。報道を受け、マキシムの株価は買収価格にさや寄せする形で一時3割近く上昇した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン