時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,143,645億円
  • 東証2部 66,778億円
  • ジャスダック 93,147億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率19.32倍23.59倍
株式益回り5.17%4.23%
配当利回り2.02% 1.34%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,863.73 +167.99
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
22,870 +110

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

2020年 株主総会のポイント [映像あり]

日経CNBCコメンテーター 崔 真淑

2020年6月5日

10兆円予備費「緊急の経費に限定」 官房長官 [映像あり]

米ガソリン価格が反発 4月安値から1割高

2020年6月5日

[PR]

国内株概況

米株安や配当落ちで売り出やすく(先読み株式相場)

2020/3/30 7:04
保存
共有
印刷
その他

30日の東京株式市場で日経平均株価は反落しそうだ。27日の米株式相場が大幅安となったことに加え、同日の日経平均が724円と急伸した反動から戻り待ちの売りが出やすい。3月期末の配当権利落ち日で配当落ち分も日経平均を下押しする要因となる。一方、安倍晋三首相は28日、過去最大規模の緊急経済対策を策定するよう指示しており、この点はある程度支えになりそうだ。市場では1万8600円近辺が下値メドになるとの声があった。

27日の米株式市場で米ダウ工業株30種平均は4日ぶりに反落し、前日比915ドル安の2万1636ドルで終えた。米国での新型コロナウイルスの感染者数が世界最大となり、人や物の移動の停滞長期化による景気不安から売りが膨らんだ。週明けの東京市場でも景気敏感株を中心に売りが先行しそうだ。

首都圏では、この土日に感染者が急増した。小池百合子・東京都知事は25日の緊急記者会見でロックダウン(都市封鎖)の可能性もあり得るとした。金融、経済の中心である東京でロックダウンとなれば日本経済には打撃となるため、警戒感は上値を抑えそうだ。世界の新型コロナ感染者数も増え続けており、国内外でのコロナ感染の拡大は不安材料となる。

先週は米国の景気対策などを受け日経平均の週間上げ幅は過去最大の2836円(17%)を記録、東証1部のPBR(株価純資産倍率)は27日時点で1.05倍と1倍を超えている。2021年3月期業績見通しに懸念が強いなかでは「割安感からの買いはこの辺りが限界」(東海東京調査センターの関邦仁ストラテジスト)との見方は多い。大阪取引所で日経平均先物6月物は前週末の清算値を530円下回る1万8550円で夜間取引を終えた。

安倍首相が策定を指示したことを明らかにした過去最大規模の緊急経済対策は、経済減速の影響を受ける個人や中小企業に現金を給付し、雇用を維持する企業も支援する。リーマン・ショック時の事業規模56兆8000億円を超え、名目GDP(国内総生産)の1割以上になるという。大規模な経済対策の実施は株価には支えとなる。

新規株式公開(IPO)では東証マザーズ市場にNexTone、名証セントレックスにニッソウが上場する。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム