2019年2月23日(土)

東京TY、横浜銀・三井住友信の運用会社に資本参加

2016/8/29 16:14
保存
共有
印刷
その他

東京TYフィナンシャルグループ(7173)は29日、横浜銀行と三井住友信託銀行などが出資する資産運用会社「スカイオーシャン・アセットマネジメント」(横浜市西区)の株式の15%を9月16日付で取得すると発表した。東京TYFG傘下の東京都民銀行と八千代銀行がスカイオーシャンの運用する投資信託を顧客に販売する。

東京TYFGが横浜銀と三井住友信託からスカイオーシャン株を譲り受ける。出資比率は横浜銀34%、三井住友信託21%、京都銀行と群馬銀行、東京TYFGが各15%となる。スカイオーシャンの資本金は現在3億円で、横浜銀と三井住友信託の出資比率はそれぞれ40%、30%。

スカイオーシャンは横浜銀と三井住友信託が2014年11月に設立し、16年7月に京都銀行と群馬銀行が資本参加した。東京TYFGは26日に18年5月に新銀行東京を含めた傘下3行が合併し、行名と持ち株会社名を「きらぼし銀行」「東京きらぼしフィナンシャルグループ」にすると発表済み。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報