/

この記事は会員限定です

上海株前引け、小幅続伸 軍需関連株が上昇 前週末終値付近でもみ合い

[有料会員限定]

【NQN香港=桜田一美】29日午前の中国株式市場で上海株式相場は小幅続伸した。上海総合指数の午前の終値は前週末比1.4832ポイント(0.04%)高の3071.7920だった。9月初旬に中国杭州市で行われる主要20カ国・地域(G20)首脳会議を前に、相場が底堅く推移をするとの見方が一定の支えとなった。当局が航空産業の育成に取り組んでおり、軍需関連株などが買われた。もっとも、売買代金が前週末に節目の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り321文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン