官房長官、ポイント還元事業「一定の成果あげた」

2020/6/29 17:04
保存
共有
印刷
その他

菅義偉官房長官は29日午後の記者会見で、あす30日に終了する政府のポイント還元事業を巡り「参加店舗は最終的に115万店にまで拡大し、事業者からは売上確保や顧客獲得、業務効率化につながったという声をもらった」と述べた。そのうえで「こうしたことから、ポイント還元事業は一定の成果をあげたものと思う」と語った。

一方で「中小店舗からは本事業終了後の手数料や入金サイクルなどについて不安視する声がある」とも説明。「本事業の終了後も手数料の継続的な見える化を含め、キャッシュレス決済の中小店舗へのさらなる普及促進に取り組むなど、全国津々浦々でキャッシュレス決済が利用できる環境というものをしっかりと整備していきたい」と語った。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]