野村、資産管理アプリのサービス開始 マネフォと開発

2020/6/29 17:16
保存
共有
印刷
その他

野村ホールディングス(8604)傘下の野村証券は29日、資産管理アプリケーション「ワンストック」のサービス提供を開始したと発表した。銀行や証券など様々な金融機関で保有する資産を自動連携することで「資産の見える化」を実現し、資産全体の把握と一元管理ができる。

アプリはマネーフォワード(マザーズ、3994)と共同で制作した。現在の収入や支出、年齢、金融資産など22項目を入力し、野村の年金研究所のノウハウや統計データを活用して、将来の「資産寿命」を計算する。野村に口座が無くても利用できる。今後は保険や不動産等の資産についても連携できるようにしていくという。

野村でデジタルやオンライン戦略を担う社内組織である未来共創カンパニーが手掛ける。未来共創カンパニー長の池田肇氏は「デジタルを活用して新しいサービスをどんどん輩出していきたい」と強調した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]