/

NY連銀総裁、ビットコイン上昇「投機的、かなり警戒」

【NQNニューヨーク=森田理恵】米ニューヨーク連銀のダドリー総裁は29日、値上がりが続く仮想通貨ビットコインについて「かなり警戒している」との見方を示した。一部の経済学者から米連邦準備理事会(FRB)が独自の電子通貨を出すべきだと指摘が出ていることについて「我々が模索し始めたことではあるが、独自の電子通貨の発行について議論するのは本当に時期尚早だ」と述べた。ニュージャージー州での講演後の質疑応答を、ダウ・ジョーンズ通信など米メディアが報じた。

情報サイトのコインデスクによると、ビットコインのドル建て価格は米東部時間29日朝方に一時1万1377ドル台まで上昇。前日夜に初めて1万ドルの大台を上回ってから24時間もたたずにさらに1000ドル水準を切り上げた。ダドリー氏は最近の値動きは「投機的な面が大きい」として「(ビットコインは)安定した価値の保存手段ではなく、(基軸通貨の)ドルの脅威ではない」と分析した。

米景気について「拡大が続く余地は十分ある」と指摘。株式相場の力強い上昇も「景気見通しの良好さを映している」とみている。FRBの次期議長に指名されたパウエル氏について「議長としてとても良い仕事をするだろう」と評価しつつ、同氏が見直しに賛同するドッド・フランク法(米金融規制改革法)は「金融システムの強化や弾力性(の向上)に貢献している」と擁護した。

ダドリー氏は今月上旬、2019年1月の任期を待たず、18年半ばに退任すると発表している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン