2019年7月22日(月)

リーマン危機10年 時価総額、プラットフォーマー躍進

2018/9/3 12:42
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQNニューヨーク=滝口朋史】リーマン・ショック後の10年で、株式市場の勢力図は一変した。危機前と現在の世界時価総額ランキングを見比べると、躍進が目立つのがアップルやアマゾン・ドット・コム、アルファベット(グーグル)といったインターネット関連銘柄だ。データ経済の基盤を握るプラットフォーマーに富が集中している。

アップルの時価総額は10年で7倍となり、世界唯一の「1兆ドル企業」に駆け上がった。リー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。