2018年9月18日(火)

9/18 23:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 東証大引け 3日続伸 米、対中制裁表明で買い戻し加速
  2. 2位: IFRSが招く錯覚 動く株価、透ける短期志向[有料会員限定]
  3. 3位: 貿易戦争懸念再び ドルと円の拮抗続くか[有料会員限定]
  4. 4位: 株、買い戻し呼んだ対中制裁第3弾 危うさ潜む独歩高[有料会員限定]
  5. 5位: セブン&アイ、本気で取り組むアプリの実力[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,420.54 +325.87
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,280 +310

[PR]

NQNスペシャル

フォローする

リーマン危機10年 米株高でも賃金・住宅は停滞

リーマン10年
2018/9/3 12:41
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【NQNニューヨーク=滝口朋史】リーマン・ブラザーズ破綻後の10年間で、米国はどう変わったのか。未曽有の金融緩和により株式や債券といった金融資産の価格が大きく押し上げられたのに対し、実体経済の改善度合いは見劣りする。家計の抱える債務の額がリーマン危機時を上回るなど、新たな不安の種も浮上してきた。データで追う。

 ダウ工業株30種平均は10年で2.3倍、ハイテク主体のナスダック総合株価指数は3.6倍に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム