/

日立CFO、中国市場「半導体やスマホなどで悪影響」

日立製作所(6501)の西山光秋最高財務責任者(CFO)は29日、都内で開いた決算記者会見で、米中貿易摩擦が懸念される中国市場について「半導体やスマートフォン、自動車関連など(の事業)で影響がある」と述べた。具体的には上場子会社の日立金属(5486)や日立化成(4217)の事業に影響が出ていると話した。

西山CFOは先行きについて「非常に不透明」だと指摘。特に半導体市況について「どの時点で回復するか見極める必要がある」とし、先行きに慎重な見方を示した。

2019年4~6月期も増収を確保したIT事業については「システムインテグレーションの需要が強い」とした。特に省力化対策や人工知能(AI)の応用などで引き合いがあると明らかにした。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン