/

熊谷組、横浜市マンションの追加損失「精査中」

熊谷組(1861)は29日、横浜市西区のマンション問題をめぐり、マンション全5棟の建て替えにかかる追加損失額については「精査中」だとした上で2016年3月期の最終損益予想は「大幅に変更することはない」とするコメントを発表した。同社は同物件に関する費用も一部織り込んだ偶発損失引当金を15年4~12月期に81億円計上しているが、今後費用が膨らむ可能性がある。

同社ではこれまでマンション1棟については建て替え、ほか4棟については補修を前提としていた。販売元の住友不動産(8830)が5棟全ての建て替えを検討していると伝わったことなどを受け、同社も「住宅全5棟の建て替え案を最善策として検討する」としている。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン