/

この記事は会員限定です

S&P、ギリシャ国債「トリプルCマイナス」に格下げ 「50%の確率でユーロ圏離脱」

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=川内資子】米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は29日、ギリシャ国債の格付けを「トリプルC」から「トリプルCマイナス」に1段階引き下げた。いずれも投機的水準の範囲内で、さらに格下げした。格付け見通しは「ネガティブ(弱含み)」。ギリシャ国債を含め債務の償還や返済が滞るな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り151文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン