キヤノン副社長、中国の新型肺炎「かなり大きな影響」

2020/1/29 15:59
保存
共有
印刷
その他

キヤノン(7751)の田中稔三副社長兼最高財務責任者(CFO)は29日開いた2019年12月期の決算会見で、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスの感染拡大の影響について「武漢は交通の要衝なので、しばらく機能不全になるとかなり大きな影響が出るだろう」との見通しを述べた。ただ現段階では同社の事業面で直接的な影響は出ていないとしており、通期業績の見通しにも織り込んでいないことも明らかにした。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]