日銀、物価目標の達成「16年度後半」に先送り 展望リポート

2015/10/30付
保存
共有
印刷
その他

日銀は30日の金融政策決定会合で、日本経済の2017年度までの見通しを示す「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」をまとめた。物価上昇率2%という政策目標の達成時期を従来の「2016年度前半ごろ」から「16年度後半ごろ」に先送りした。新興国経済の減速や原油価格の下落を受け、政策委員が物価見通しを引き下げたことを反映した。日銀は13年4月の「量的・質的金融緩和」の導入時に2%の物価目標を2年程度で実現すると約束していた。

政策委員の大勢見通しの中央値によると、消費者物価指数(CPI)上昇率は生鮮食品を除く総合指数で15年度が前年比0.1%、16年度は1.4%に引き下げた。7月時点で示した従来見通しはそれぞれ0.7%、1.9%だった。17年度は消費税率引き上げの影響を除いた場合で1.8%に据え置いた。

実質国内総生産(GDP)成長率は15年度1.2%、16年度1.4%、17年度を0.3%の見込み。従来は15年度が1.7%、16年度が1.5%、17年度が0.2%だった。日本経済の先行きについては「16年度にかけて潜在成長率を上回る成長を続ける」との見方を示した。

今後の金融政策運営については、2%の物価安定目標の実現を目指し「安定的に持続するために必要な時点まで『量的・質的金融緩和』を継続する」と説明。さらに「上下双方向のリスク要因を点検し、必要な調整を行う」との方針を改めて示した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]