/

この記事は会員限定です

米国債、安全神話に陰り 株急落のヘッジにならず

[有料会員限定]

欧米を中心に新型コロナウイルスの感染者が急増し、金融・資本市場が揺れている。フランスのマクロン大統領が部分的な都市封鎖(ロックダウン)を発表するなど各国が行動規制に乗り出し景気下振れ懸念が高まったためで、欧米株は28日に急落した。ところが、運用リスク回避で低下してもおかしくない米長期金利は小幅に上昇(債券価格は下落)した。米国債の「安全神話」には陰りがみえ、株価急落に対するヘッジ(回避)機能は失わ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り931文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン