/

東証、石井工研の上場廃止の猶予期間入りを発表

東京証券取引所は29日、ジャスダック上場で半導体製造装置を手掛ける石井工作研究所(6314)が上場廃止の猶予期間に入ったと発表した。石井工研が提出した2015年3月期の有価証券報告書で、直近4期において営業赤字が続いているほか、営業活動によるキャッシュフローの額がマイナスであることが確認されたため。猶予期間は15年4月1日から16年3月31日まで。期間内に解消できなければ上場廃止となる見通し。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン