/

この記事は会員限定です

動かぬ円ドル 日米金利差、風前の灯 相場のキホン(6)

[有料会員限定]

米連邦準備理事会(FRB)は10日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、2022年末までゼロ金利政策を維持する方針を表明した。米国の低金利の長期化見通しでかつて大きく開いていた日米間の金利差はもはや風前の灯(ともしび)だ。為替レートを動かす大きな要因だった金利差が長期間、膠着してしまえば、円の対ドル相場は一段と動きが乏しくなりかねない。

日米の10年物国債利回りの差は1.9%超だった昨年末以降、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り942文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン