ソニーCFO「いろいろな話があれば検討する」ルネサス株取得の可能性で言及

2016/1/29 16:43
保存
共有
印刷
その他

ソニー(6758)の吉田憲一郎副社長兼最高財務責任者(CFO)は29日の決算記者会見で、産業革新機構からのルネサスエレクトロニクス(6723)株の取得や、東芝(6502)の医療機器事業買収の可能性について「いろいろな(買収の)機会の話があれば常に検討する」と語った。

吉田CFOは半導体事業について「我々に強みがある画像関連技術を強化している。さらに今後は(測距や認識、抽出などの)センシングと呼ぶ技術領域も広げる」と話し、関連の技術を持つ企業のM&A(合併・買収)を積極的に進める方針を示した。医療機器関連では「出資するオリンパスとの共同事業を始めたばかり。医療機器でも強みである光エレクトロニクス分野にフォーカスするのが重要だ」と話すにとどめた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]