/

この記事は会員限定です

地銀100%出資の証券子会社が初の廃業へ

[有料会員限定]

野村証券と山陰合同銀行の包括的業務提携により、ごうぎん証券の廃業が決まった。地銀100%出資の証券子会社の廃業は初となる。証券ビジネスの本格的な展開で収益改善を期待して証券子会社を設立する地銀が増えているが、効果が上がっているところは少ない。山陰合同銀の決断は、「地銀が生き残れるかどうかの試金石となる」(有力地銀)との指摘も出ている。

ごうぎん証券の開業は2015年10月で、黒字化したのは18年3月期のみだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り652文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン