/

この記事は会員限定です

トランプノミクスを読む 新興国リスクは消えず・篠原元財務官

[有料会員限定]

2017年1月に就任するトランプ次期米大統領の政策期待で大きく動いている世界の金融・資本市場。米金利上昇や米株高と足並みをそろえて外国為替市場ではドル高と円安が進み、円相場は前週末に一時1ドル=113円90銭と3月中旬以来の安値を付けた。半面、トランプ氏による規制緩和や積極的な財政出動など「いいとこ取り」には楽観がすぎると戒める見方も出ている。トランプ氏の経済政策「トランプノミクス」や米金融政策に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1473文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン