東証1部の売買代金、12日連続で2兆円割れ 16年10月以来の連続記録

2019/8/29 15:10
保存
共有
印刷
その他

29日の東京株式市場で、東証1部の売買代金は1兆6651億円と、12営業日連続で節目の2兆円を割り込んだ。2016年10月3~19日に12営業日続けて2兆円を割り込んで以来、約2年10カ月ぶりの連続記録となった。一部の個人投資家や機関投資家が夏季休暇に入ったことで市場参加者が少なかった。米中貿易交渉の動向や重要イベントを見極めたいとして、持ち高を一方向に傾ける動きも限られた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]