/

塩野義、台湾で抗インフル薬「ゾフルーザ」の製造販売承認

塩野義製薬(4507)は29日、抗インフルエンザ薬「ゾフルーザ」について、台湾食品薬物管理局から28日付で台湾での製造販売承認を取得したと発表した。ゾフルーザの開発と販売については、スイス製薬大手ロシュとの提携下で進めている。日本と台湾における販売は塩野義が、それ以外の国はロシュが販売する。

2020年3月期通期の連結業績に与える影響は「軽微」としている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン