2/21 4:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 円下落、10カ月ぶり112円台 景気減速、新型肺炎懸念で[有料会員限定]
  2. 2位: NYダウ反落で始まる 新型肺炎収束の兆し見えず警戒感
  3. 3位: 円、112円台に下落 NY市場で10カ月ぶり安値
  4. 4位: 大韓航空「お家騒動」泥沼化 ナッツ姫が弟に退陣要求[有料会員限定]
  5. 5位: 前田道路、資産削減の奇策 配当6倍で前田建設TOB対抗[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,377,741億円
  • 東証2部 73,520億円
  • ジャスダック 95,733億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率15.16倍15.89倍
株式益回り6.59%6.29%
配当利回り1.99% 1.99%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,479.15 +78.45
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,510 +140

[PR]

国内株概況

株、米中警戒下の循環物色 大真空以外も…出遅れ銘柄演出の粘り腰

2019/11/29 12:38
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

29日午前の東京株式市場で日経平均株価は続落した。米中貿易協議への警戒感は残る一方、円相場が1ドル=109円台半ばで安定的に推移して輸出関連銘柄の支援材料となり、日経平均の下げは小幅にとどまった。出遅れ銘柄を物色する動きも相場の支えとなった。

経産省が寄り付き前に発表した10月の鉱工業生産指数速報値。台風などの特殊要因の影響もあり市場予想を大幅に下回ったが、同指数のなかで最近、注目を集めるのが半…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム