/

監視委、 エナリス株のインサイダー取引で都内女性への課徴金勧告

証券取引等監視委員会は29日、東証マザーズ上場で新電力ベンチャーのエナリス(6079)株を巡ってインサイダー取引をしたとして、東京都世田谷区在住の40歳代無職女性に対し、課徴金257万円を科すよう金融庁に勧告した。

同社は2014年2月24日午後、14年12月期の業績予想の上方修正を発表。この女性は以前同僚だった同社の役員を通じ、2月下旬ごろこの事実を知り、同月24日の公表直前に同社株4600株を695万8100円で買い付けた。翌25日に全株式を売却し、178万円の利益を得ていた。

同社は13年12月期と14年12月期の太陽光発電設備などの売り上げを過大に計上していた問題が発覚。ことし1月29日に東証から特設注意市場銘柄に指定された。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン