/

安全性も高い食材殺菌用の過酢酸製剤 菱ガス化

三菱ガス化学(4182)は年内にも、カット野菜や食肉など食材の殺菌に使う過酢酸製剤「ダイヤパワーFP」を発売する。生活習慣の変化によってカット野菜の生産量は増えており、市場の成長を取り込みたい考えだ。

過酢酸製剤は過酢酸の強い殺菌力を利用したもの。腸管出血性大腸菌O157やサルモネラ菌にも有効で、2016年に厚生労働省が食品添加物に指定した。これまで使われることの多かった次亜塩素酸ナトリウム製剤に比べ安全性も高いことから代替需要も見込む。

荷姿は5キログラムのポリボトルで、最小10キログラムから注文できる。サンプル(1キログラム)の提供は10月ごろから。価格は未定だが輸入品より割安になる見通し。最初の2~3年で年間2億円の売り上げを目指す。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン