/

この記事は会員限定です

鉱工業生産9%減 市場はどう読む

[有料会員限定]

経済産業省が29日発表した4月の鉱工業生産指数(2015年=100、季節調整済み)速報値は、前月比9.1%低下の87.1だった。低下は3カ月連続で、QUICKがまとめた民間予測の中央値(前月比5.1%低下)を下回った。生産の基調判断は「低下している」から「急速に低下している」に変更した。今回の結果をどう読むか。市場関係者に聞いた。

供給制約が鮮明に 需要減退の影響はこれから

末広徹・みずほ証券シニアマーケットエコノミスト

4月の鉱工業生産指数速報値が前月から大幅に低下...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り926文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン