2019年9月16日(月)

経団連会長「これ以上の円安は日本経済にマイナスの影響」

2014/9/29付
保存
共有
印刷
その他

経団連の榊原定征会長は29日夕の記者会見で、この日に1ドル=109円台後半と約6年1カ月ぶりの円安・ドル高水準を付けたことについて、「これ以上の円安は日本全体にとってマイナスの影響が大きくなってくる」と懸念を示した。榊原氏は円安によって事業を国際的に展開する大企業が恩恵を受けやすい一方で、ガソリンや輸入原材料の価格上昇を通じて、家計や中小企業の負担が増す点を指摘。「購買力平価が(対ドルで)105~107円ぐらいの水準なので、その範囲であれば適正水準」と分析し、現状の円相場の水準を「許容というか、ギリギリの線という感覚」とした。購買力平価は異なる通貨を使う国同士の購買力が同じになるにはどの程度の為替相場がいいのかを示した指標。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。