/

スカイマーク新社長「運航に支障出ず」

民事再生法の適用申請について記者会見で頭を下げるスカイマークの有森新社長(右)と井手会長(29日午前、東京都大田区)

スカイマークの有森正和新社長は29日、民事再生手続き開始に関する記者会見で、投資ファンドのインテグラル(東京・千代田)からの融資により「資金手当てのメドはついている」と説明した。そのうえで、民事再生法の適用申請によって「運航に支障が出ることは一切ない」と強調した。

日本航空、ANAホールディングスの大手2社と共同運航する案については「前向きにお願いしたい」と述べた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン