/

この記事は会員限定です

NY株ハイライト 大統領選占う重要な週、討論会や雇用統計に身構え

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=川内資子】28日の米株式相場は3日続伸し、ダウ工業株30種平均は前週末比410ドル高の2万7584ドルで終えた。追加の米経済対策への期待やアジア、欧州株高などを受けて、景気敏感株を中心に買いが優勢となった。前週まで4週連続で下げたダウ平均は持ち直しているが、今後の方向感を決めるのは今週続く11月3日の米大統領選に関連した政治と経済の重要イベントの結果次第との声が多い。

28日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1128文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン