/

この記事は会員限定です

エコノミストがみる安倍改造内閣 期待と注文

[有料会員限定]
 安倍晋三首相は9月3日、2012年12月の第2次政権発足後初の内閣改造に踏み切る。市場では高い支持率を背景に経済政策「アベノミクス」で一定の成果を上げたと評価する声がある一方、改造内閣では法人実効税率の引き下げ、消費税率10%への再増税など、重要政策の実行力が問われるとの見方が多い。熊野英生・第一生命経済研究所首席エコノミスト、青木大樹・UBS証券シニアエコノミスト、木下智夫・野村証券チーフエコノミスト、河野龍太郎・BNPパリバチーフエコノミストの有力エコノミスト4人に、改造内閣への期待と課題などを聞いた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3627文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン