/

この記事は会員限定です

NTT・ドコモ再々編、PBR底上げ 非公開化加速へ

日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

NTT(9432)がNTTドコモ(9437)を完全子会社化する方針であることが明らかになった。ドコモ分離独立から28年、東証1部上場から22年。この間、ドコモは投資家の期待に満足に応えたとはいえないが、NTTグループの再々編は金融・株式市場に大きな影響を及ぼす可能性を秘める。親子上場の解消や非公開化の流れが加速し、PBR(株価純資産倍率)を全般に底上げするシナリオが浮上する。

NTTとドコモの時価総額は28日時点で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1136文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン