/

この記事は会員限定です

半導体関連株、米中対立「テックリスク」に尻込み

[有料会員限定]

株式市場でハイテク銘柄の調整リスクが意識されている。米商務省が中国の半導体メーカーに対する輸出規制を導入すると伝わり、米中対立が日本の半導体関連企業の業績に悪影響を与える懸念があるためだ。米大統領選という一大イベントを前に相場の変動率は一段と上昇しかねない。多くの投資家は上値追いに慎重だ。

28日午前の日経平均株価は続伸し、前引けは前週末比167円高の2万3371円だった。28日は9月の権利付き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り997文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン