/

この記事は会員限定です

NY円、下落 120円台後半、FOMC後に米利上げ観測強まる

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=古江敦子】28日午後のニューヨーク外国為替市場で円がドルに対して下落した。米連邦準備理事会(FRB)が28日まで開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明で、年内利上げの観測が改めて強まり、円など主要通貨に対するドル買いが広がった。米東部時間午後2時20分(日本時間29日午前3時20分)現在、円相場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り162文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン