2019年6月16日(日)

パナソニック、顧問制度見直し 相談役設けず

2018/2/28 18:32
保存
共有
印刷
その他

パナソニック(6752)は28日、4月1日から顧問制度を見直すと発表した。従来、相談役や特別顧問が担ってきた財団や社団法人の役員などについて、会長・社長経験者が特別顧問としてその役割を担い、相談役は廃止する。また、特別顧問は非常勤・無報酬とし任期は80歳を上限とする。顧問の呼称については外部の人材を社内で活用する際に使用する。企業のガバナンス強化が求められている状況を踏まえて新制度に移行する。

同社広報部によると、制度の移行に伴い4月1日から新たな特別顧問に就くのは、相談役の中村邦夫氏と特別顧問の大坪文雄氏となる。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報