/

官房長官、籠池氏の手紙「国会の決定あれば提出」

菅義偉官房長官は28日午後の記者会見で、学校法人「森友学園」(大阪市)の籠池泰典氏から安倍昭恵首相夫人付の政府職員への手紙について「予算委員会の理事会で決めて頂ければ積極的に提出をしたい」と述べた。

問題の手紙は会見前の参院決算委員会で、共産党の大門実紀史氏が入手したと説明していた。大門氏は「籠池氏の一番の眼目」は定期借地の条件緩和ではなく「国有地を早く買い取ることはできないか」ということだったと指摘した。そのうえで「(公開済みの)ファクスだけだとゼロ回答にみえるが、籠池氏の要望は時間差はあるが全て実現した。ゼロ回答どころか満額回答ではないか」と安倍晋三首相や菅氏の見解をただした。

首相は「私自身は一部しか読んでいない」と、菅氏は「内容からしてゼロ回答だったと思う」と、それぞれ答弁した。

菅氏は会見で、内容が公になれば「ゼロ回答で、忖度(そんたく)がないということがよく分かってもらえると思う」と語った。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン