日銀総裁、国債市場「乱高下による需要減少は起きていない」

2016/4/28 18:22
保存
共有
印刷
その他

日銀の黒田東彦総裁は28日の金融政策決定会合後の記者会見で、マイナス金利政策の導入後の国債市場に関して「若干、流動性が低下していることを示す指標が出ている」と述べた。特に短期国債でマイナス金利の導入により変動幅が大きくなったと指摘した。一方「金利の乱高下で国債に対する需要が減ったということはない」として、大規模な長期国債買い入れオペへの影響についても「障害が起きたことは全くない」との見方を示した…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]