日銀総裁、銀行へのマイナス金利貸し付け「現時点では考えていない」

2016/4/28 17:31
保存
共有
印刷
その他

日銀の黒田東彦総裁は28日の金融政策決定会合後の記者会見で、日銀が銀行の貸出増加額に応じて日銀から資金を貸し出す貸出増加支援融資にマイナス金利を適用することについて「現時点では考えていない」と述べた。欧州中央銀行(ECB)が民間銀行への貸付金利をマイナスにできることを決めているが「ECBにはECBの事情がある」と強調。「今回は議論していない」と重ねて答えた。

財政支出の拡大を金融政策でまかなうような、いわゆる「ヘリコプターマネー」とされる政策については「先進国では金融政策と財政政策を独立して行うという考えが確立している」と指摘。日本は財政政策は政府・国会が決め、金融政策は日銀が決定する仕組みだとし、「日本の現行の法制度ではできない」と改めて説明した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]