TATERUに業務停止処分 国交省、融資書類の改ざん問題で

2019/6/28 16:52
保存
共有
印刷
その他

アパートの施工、管理を手掛けるTATERU(1435)は28日、融資審査の書類を改ざんしていた問題を巡り、同日付で国土交通省から業務停止処分を受けたと発表した。宅地建設取引業に関連した全部の業務が、7月12日から18日まで7日間停止となる。

業務停止命令による今期(2019年12月期)の連結業績に与える影響は、明らかになり次第公表する。TATERUは今期予想を非開示としているが「合理的に予測することが可能となった段階で速やかに業績予想を開示する」としている。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]