/

この記事は会員限定です

<東証>リテールPAが下げに転じる パッシブ需要も利益確定

[有料会員限定]

(14時20分、コード8167)地域スーパーのリテールPAが下げに転じ、前日比64円(4%)安の1556円を付けた。4月24日付で東証2部から東証1部に指定されたのに伴い、受け渡しベースでは5月28日引け後に東証株価指数(TOPIX)の採用銘柄となる。28日の大引けで指数連動運用のパッシブファンドによる買いが発生するとの期待で、午前に1859円と2018年6月19日以来の高値...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り179文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン