/

SBIFXトレード、暗号資産の差金決済取引サービスを開始

SBIホールディングス(8473)傘下のSBIFXトレードは28日、31日から暗号資産(仮想通貨)の差金決済取引(CFD)の取り扱いを開始すると発表した。28日付で同サービスの新規口座開設の受け付けを開始した。「ビットコイン(BTC)」「エックスアールピー(XRP)」「イーサリアム(ETH)」の3種類を取り扱う。

CFDはレバレッジ(てこ)の原理で証拠金の数倍の取引ができるデリバティブ(金融派生商品)取引の1つ。各暗号資産に対して対円銘柄と対米ドル銘柄を取り扱い、レバレッジは最大2倍とする。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン