SBIFXトレード、暗号資産の差金決済取引サービスを開始

2020/8/28 13:55
保存
共有
印刷
その他

SBIホールディングス(8473)傘下のSBIFXトレードは28日、31日から暗号資産(仮想通貨)の差金決済取引(CFD)の取り扱いを開始すると発表した。28日付で同サービスの新規口座開設の受け付けを開始した。「ビットコイン(BTC)」「エックスアールピー(XRP)」「イーサリアム(ETH)」の3種類を取り扱う。

CFDはレバレッジ(てこ)の原理で証拠金の数倍の取引ができるデリバティブ(金融派生商品)取引の1つ。各暗号資産に対して対円銘柄と対米ドル銘柄を取り扱い、レバレッジは最大2倍とする。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]