/

この記事は会員限定です

キオクシア上場延期 半導体市況厳しく、東芝に打撃

[有料会員限定]

国内で今年最大の新規株式公開(IPO)が目前で暗礁に乗り上げた。半導体メモリー大手のキオクシアホールディングス(HD、旧東芝メモリホールディングス)は28日朝、10月6日に予定していた東京証券取引所への上場手続きを延期すると発表した。米中貿易摩擦による収益悪化が理由とみられるが、メモリー市況が悪化するなか投資家を対象としたブックビルディング(需要積み上げ)の期間中から「上場のタイミングはベストで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1190文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン