/

この記事は会員限定です

株、FRB新指針が揺るがす買いの前提 成長株高に黄信号

[有料会員限定]

米連邦準備理事会(FRB)が想定外の米連邦公開市場委員会(FOMC)を開いた翌日、28日午前の日経平均株価は反発した。終値は前日に比べ83円(0.36%)高の2万3292円。FRBの打ち出した新しい政策指針を好感した買いが優勢だったものの、一時下げに転じるなど上値は重かった。米国では長期金利が上昇しており、日経平均を押し上げてきたグロース(成長)株高に黄信号が灯っている。

FRBは27日、市場関係...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1001文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン